解体も大切

解体工事

新築などを建てる際には更地でない限り既存の建物を解体してから建物を建てなければなりません。そこで、建物の解体工事をしっかりと行なわなければならないのでしっかりと工事を行なってくれるような業者を選択しましょう。

詳細を確認する...

地震の対策

作業員

耐震構造を見直すにはまず耐震診断を利用します。診断は自治体によっては無料で実施しているため、一度調べてみると良いです。また、最近では耐震補強リフォームが流行ってきており、人気が高くなっています。

詳細を確認する...

工事を執り行う

住宅の解体工事には許可証がひつようです

作業員

既存の建物を解体する必要がある際には専門の知識や資格、許可を取っている業者に依頼する必要があります。しかし建物を建築する経験も人生で一度である場合がほとんどでそうなると建物を解体する経験も初めてという人がほとんどです。 建物の解体工事はすべてを解体するだけでなくリフォームなどで一部を回収する際にも必要になることがあります。解体工事を行うには建設業許可、解体業許可、とび・土木業許可の3つの資格のうちどれかが必要になります。解体する面積が小さい場合には必要のない場合もありますが、業者を選ぶ前提としてこれらの許可証をしっかり持っているかを確認することがあります。更に産業廃棄物収集運搬に関する許可も必要になります。この許可がないと解体時に発生した材料が不法投棄されている場合もあるのです。解体時に発生した材料が不法投棄された場合には業者はもちろん依頼主(施主)も罰せられることがあるのでしっかり事前に確認することが必要です。

業者選びを失敗しないためにも

解体業者は全国に非常に多く上記の許可を取っている場合でも悪徳業者も存在します。中には許可さえ取らず解体工事を行っている業者も存在するので業者の見極めは非常に重要です。 昔の悪意のある業者は施主に知識がないことをいいことに高額な費用を請求するケースが多かったのです。しかしインターネットなどの普及により工事内容や費用の相場などに関する情報が簡単に手に入るようになりこうした行為ができなくなりました。 現在悪意のある業者の多くは安い見積もりで契約を行い工事中に口実をつけて別途費用を請求する場合が多いのです。とはいえ地中に施工されている地盤補強用の杭などはほとんどの場合別途費用が請求されることが多いです。これは優良企業でも見積もりに含まれていない場合が多いのです。しかし優良企業の場合その胸を解体工事の契約を行う前に説明しています。工事の範囲を確認し、何が別途費用なのかを把握したうえで許可を持っている業者に依頼することが大切です。

利便性の向上

作業員

オフィスを賃貸する際、場所によっては様々なルールがあったり、部屋のみの賃貸などがあったります。こういった場合ネットなども使用出来ないため、電気工事などを行なう必要がでてくるでしょう。

詳細を確認する...